のデッドオアアライブ

NetEntスロットマシンDead or Aliveを使用して、アメリカ西部の野生の20年代初期に戻ります。ゲームには5リール、3行、9行があります。さらに、スキャター賞金、他のシンボルに代わるワイルドシンボル、およびフリースピンラウンド中のスティッキーワイルド機能があり、莫大なお金を獲得するのに役立ちます。

このような基本的なスロットマシンの場合、Dead or Aliveには本当に印象的なグラフィックとアニメーションがあります。背景シーンは、揺れるランタン、渦巻く風のベルベット、空を照らし、照らす稲妻のある西部の風景の上に荒れ模様の空を示しています。バックグラウンドミュージックとサウンドは、風が吹くと孤独な鳥と犬がbarえる音とともに、この屋外シーンに適合します。

もちろん、デッドオアアライブにはフリースピンがあります
フリースピンラウンドは、デッドオアアライブのメインボーナスです。 3つ以上のスキャターシンボルをリールのどこかに着地させると、ボーナスラウンドをプレイできます。このモードでプレイするときに表示されるすべてのワイルドシンボルは、その後のすべてのフリースピンのリールにそのまま残るため、12のフリースピンを獲得し、すべての賞金が同時に2倍になります。フリースピンセッションごとに1回フリースピンをトリガーすることもできます。これらのフリースピンは、必須のピアノゲーム、百日咳や悲鳴のようなカウボーイ、サイコロとメガネの悲鳴などの古いウエスタンサルーンのバックグラウンドサウンドにスピンします。

野生の西部からの利益記号
ゲーム内のシンボルには多くの詳細があり、5つの最も価値のあるシンボルは古代アメリカ西部から直接来ています。最も低いシンボルはスナップのペアであり、次に高いシンボルはスパー付きのカウボーイブーツのペアです。白いカウボーイハットはゲームシンボルの中間値を保持し、ホルスターに銃を示すシンボルがあります。金色の星と保安官のバッジは、最もお金を払うシンボルであり、できるだけ頻繁に車輪の上に表示したいものです。

ゲーム内のワイルドシンボルは指名手配のポスターであり、スキャターシンボルは互いに交差する一対の銃を示しています。

シンボル10、J、Q、K、およびAは、最も価値の低い5つのシンボルとして機能し、後ろから輝く色の光が刻まれた刻まれた金属のように見えます。

城のいたずらなシンボル
Dead or Aliveの多くの特別な機能
Dead or Aliveはシンプルなデザインで、プレイヤーに個人的なジャックポットを追加する基本的な方法をいくつか提供します。ワイルドシンボルは、スキャターシンボルを除く他のすべてのシンボルを置き換えることができ、ペイラインを獲得する可能性が高くなります。幸運にもフリースピンのラウンドを獲得できる場合、ワイルドシンボルはスティッキーワイルドとして知られます。つまり、フリースピンのセッション中、リール上の位置を維持します。指名手配ポスター付きのこれらのワイルドシンボルは拡大し、さまざまな悪役の顔があります。

freespinsのゲームの特別な機能は、Freespinsの見出しの下で詳しく読むことができます。

モバイルでDead or Aliveをプレイする
モバイルデバイスとタブレットの両方で、自分だけのワイルドウェストアドベンチャーを満喫できます。

RTP(プレーヤーに戻る)
Dear or AliveのRTPは96.8%で、非常に高いです。つまり、このゲームは賭け​​に最適な選択肢であり、あなたが賭けたものを取り戻すチャンスがあります-そしてそれ以上です。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create your website at WordPress.com
Get started
%d bloggers like this: